プレゼン前で緊張している部下に伝えた言葉

現在私が勤めている会社はメーカーですのでお客様の前で商品説明のプレゼンを行うことがあります。今では私も慣れた物ですが、新入社員の時はとても緊張していました。今では指導も兼ねていますので先日新入社員がプレゼンをする為に事前に会社で何回も練習をしたにも関わらず当日プレゼンの5分前になったらどんどん人が入ってきて緊張のあまり顔が真っ青になっていました。

ですので私は部下に『敬語や丁寧語は気をつけなくても良いので、自分が友達に伝えたい様にゆっくり話してみなさい』

と言いました。

それで少し楽になった様で最初は少し言葉を噛んだりしていましたが、しかし偶に私の顔を見ながら偶に足りない部分は私がサポートをして、何とか30分のプレゼンを無事に終えることができたのです。

またお客さんからも大きな拍手をもらって本人もホッとしていました。翌日本人に感想を聞いた所『ただ頑張れと言われるよりも具体的にどうしたら良いか?と言う事を言ってくれたので安心して話すことができました。』と言われました。それを聞いて私も本人の為になることが言えて良かったなと思いました。

「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る