ご飯中の子供にプラスな声がけ

子供(2歳)は、ご飯を食べる時に片手にスプーンやフォークを持ち、もう片方の手はテーブルの下に隠れて何も持っていません。そのため、私は食事中に「両手で食べなさない。」が口癖でした。それを言うと子供は両手で食べ、しばらくすると片手に戻ります。


今日、片手食べを注意し、両手で食べれた所で「両手で食べれて偉いね。」と声をかけました。すると子供は嬉しそうで、両手でずっと食べていました。そして、両手で食べてるのを得意げに私に度々アピールしてきました。


プラスな声がけをしたら、注意するよりも効果はてきめんでビックリです。また、子供の反応が予想以上に良くて、これもビックリです。これからは、両手で食べれたら褒めれば子供を楽しくしつけできそうです。


「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る