悩んでいるときの一言

友達に向けた一言です。


友達は、仕事について悩んでいました。栄養士として老人ホームで働いていました。しかし、人間関係や仕事内容で悩むことが多くなったようでした。老人ホームは、朝食、昼食、おやつ、夕食と毎日3食、おやつ付きで提供しなければならず、朝早くから遅くまで働いていました。人数も足りないので、1日8時間以上働くこともしょっちゅうで疲れも溜まっていました。人間関係も辛そうでした。給食関係の仕事場は、言い方のきつい人が多いようでストレスになっていたようです。仕事も保育園で働きたかったようでした。


これらのことを友達から相談されたときに、私は『人生一度きりだし、自分のやりたいことやらないと後悔するよ?保育園やってみてダメならまたその時考えればいいんだし、子供に癒されて仕事できるなんて素敵じゃん。』と伝えました。私は保育園で働いた経験があったので、そのときのことも教えてあげました。

すると友達は、そうだね!と気持ちに迷いがなくなり、現在は保育園で働いています。仕事を変えてよかったと言っていました。私の言葉は、辞める勇気と次のステップへのやる気に繋がったようでした。

「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る