ゆっくり二人で飲む機会があったので、いつも助けてくれる親友に感謝の気持ちを伝えてみた

親友とはもう20年くらいの付き合いになります。ずっと近くにいるということでいつも助けてもらっています。そんな友人の存在が当たり前になってしまい感謝の気持ちをずっと言えずにいました。先日ゆっくり二人で飲む機会があったので、「いつも助けてくれてありがたい」と改めて感謝の気持ちを伝えることができました。

 

親友は少し照れくさそうな反応をしていましたが、自分が僕に対してしていることが間違っていないということがわかり安心し自信がついたようです。これからは今まで以上にお互いに助け合うことができるような気がしました。言葉にしたことで改めて自分にとっての親友の存在の大きさを実感しました。これからもずっといい関係を保っていきたいです。


「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る