お箸が正しく持ててるね!凄い!と褒めたらうんうんと頷き得意げに自信を持って食べていました。

子供に、家で食事中に箸の正しい持ち方をしていたので、お箸が正しく持ててるね!凄い!と褒めました。
すると、うんうんと頷き得意げに自信を持って食べていました。

 

今まではできていない面ばかりを見ていて、そこを批判し指摘するという形ばかりとってきましたが、その度嫌そうにしたり、バツの悪そうな顔をし、楽しい食事が気まずい雰囲気になったりしてしまう事もありました。
そして、言わなければ正しい持ち方が出来ない状況で、毎回毎回同じ注意をする事にも疲れていました。
けれど褒めることによって、子供も私も良い気分になって楽しく食事が出来るし、自尊心も傷つけずに済むのかな?と思います。
そして、言わなければやらなかった箸の正しい持ち方も自分から進んでやる機会が増えたような気がします。

 

次も子供がお箸を自ら正しく持っているところを見たら、すかさず凄いね!言わなくても出来てるね!って褒めてあげたいと思いました。


「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る