マイナス思考を「プラス思考」を伝えてくれた恩師に感謝

学生の時は、英語が苦手でその恩師にはいつも愚痴言っていました。そのたびに英語の勉強の仕方を徹底的に

教えてくれました。


分かりやすく説明してくれていましたが、なかなか成績は上がりませんでした。


いつも優しく教えてくれていましたが、呑み込みが悪いのか英語の成績は最後から数えて近い方だったと思います。


だから、いつも英語の授業になると憂鬱で、中間、期末いつもテストで成績が悪く落ち込んでばかりいました。


今考えると、いわゆる長期間ずっとマイナス思考でした。私がいつも憂鬱そうな顔をしているので、その恩師は良い方向に考えるように言ってくれました。


その恩師のプラス思考に考える励ましの言葉で、少しづつ英語を勉強するようになり分からなかったところも理解できるようになりました。


だから、いつも落ち込んでマイナス思考の時には、良い方向に考えるプラス思考する癖がつきました。英語の成績が悪かったおかげだなと思いました。


そのことを考えるとマイナス志向とプラス思考は隣りあわせなんだなと思いました。プラス思考はいろんな時に役立ち励みになっています。


つらいなと思うときにはいつもその恩師のプラス思考が思い浮かび、いろんな時の助けになっています。


「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る