追い詰められた部員に捧げた言葉

私はバスケットボールチームのコーチをしておりますが、今でこそ市の大会でベスト8に入る様になりましたが3年前までは連敗の嵐で当時の部員は『もうこのチームはダメだ』とやる気がなく諦めていました。しかし私はなんとか彼らに勝利の喜びを味わって欲しくて技術面は練習で教えるとして食事をしている時に精神面での一言として『どん底になったらもう何も怖いものはないだろ、後は登って行くだけだぞ』と言いました。

みんなそれまではこのまま卒業すればいいやと思っていたらしいですが、どうせなら1回でも勝って勝利の喜びを味わってみたいと思ってくれて一致団結してがむしゃらにに練習に励みました。そして3年生の最後の大会の時、ギリギリでしが勝利を収めて泣きながら私に向かって『監督、諦めないで良かったです。勇気が出る言葉をありがとうございます』と言ってくれました。これから巣立って行く彼らにとってもどん底を味わったのは良い経験になったらしく、諦めない精神を掴んでくれて良かったと思っています。

「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る