営業方法で悩んでいた部下に伝えた言葉

本日お話をする営業マンは現在は立派に課長になり、成績を出し続けています。しかし当時はと言いますときちんと会社説明と製品説明ができる教科書の様な真面目な営業マンでした。しかし裏を返せば会社側で教えたことは真面目にこなしてくれましたが、営業として最も必要である顧客の購買意識を高める方法が欠けていたのです。

ですので私はヒントとして『もし自分が顧客だったら君の説明を聞いてどう思うか、逆の立場になってごらん』と言いました。真面目な彼は少し時間がかかりましたが、その後はもう少し客に提案をする営業スタイルに変わりました。そして少しずつ成績ぐ上がっていき『○○さんが言っている意味が分かりました』ととても嬉しそうに言ってきました。そんな彼を見て私は成長した部下を

頼もしく思い、自分の指導方法が合っていたのだと再認識したのでした。

「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る