部下に人を信じる事を伝えた話

現在私の会社の立場は中間管理職ですので私の一つ下の部下はグループマネージャーで数人の仕事を束ねています。しかし彼は本来は管理をする立場なのに、いつも自分で動いてしまうのです。なので私からしたら部下が育たないと言う悩みがあり、彼に聞いた所『部下が信じられないので自分で動いています』と答えました。

確かに自分で動いた方が仕事を獲得するのが早いかも知れませんが、それでは彼自身の為にもならないので『まず一週間で良いので部下を信じてごらん』とだけ言いました。彼は満足していませんでしたが、でも我慢をしている間に部下たちは自分で考えて色々な提案を客先にしていました。正直今すぐ数字になる事はありませんが、彼にも部下は上司を見ているのでもう一人でも動けると言う事を分かってもらいました。

これから更にステップアップしてもらう彼に対して管理職の立場を分かってもらえて私はホッとしました。今では彼はクレーム以外は部下に仕事を任せています。

「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る