母親に伝えられた感謝の言葉

これは私がまだ独身時代に実家で親と同居をしていた時の話ですが、お恥ずかしい話、私はいい年をして親に対して反抗ばかりしていてなかなか素直になれませんでした。でも28歳になった時に母親が病気で入院した時にやっと母親のありがたみが分かったのです。

そしてベットで寝ている母親に対して照れ臭かったですが『いつも有難う』と何年ぶりかに感謝の気持ちを伝えることができたのです。

それを聞いた母親は涙を流しながら『そんな言葉を聞いたら病気なんてすぐに吹っ飛んじゃう』と言って病気に立ち向かう力が強くなりました。

そして退院後は私も家事を手伝ったりして、それまでにはなかったコミニュケーションを取る様にして、今でも偶に感謝の気持ちを伝えています。これからも母親を大切にして行きたいと思っています。

「強力なネガティブ感情の暴走」を止めることが出来た方法

☆自然なプラス思考とプラス感情が増える☆


【☆メールトレーニング付き☆】

言葉がけトレーニング → 130日以上連続配信!

熱い感情トレーニング → 60日以上連続配信!



ページの先頭へ戻る